月に想いを。

月に想いを。

やっぱり、現実に
旅立ったLatte を、ただただ想うのだから。
日々、悲しいし寂しい。

想いを “カタチ“ にして、より想う。
私のLatteへの想いがいつもより「 特別 」

はじめて迎える、お盆、新盆も
私にとって「 特別 」だったのだけど。

その後、より一層寂しさが押し寄せる。
Latte の一周忌の時もそうだった。

自分で言うのも、、、だけど。
困ったもんだ。

Latte に逢いたい。

見上げ夜空の月