不思議ちゃん。

不思議ちゃん。

私の気配をどのあたりで
察知しているのか。

黒いからね、ちょっと離れたところからも
あっ、いる。と確認できるのだけど。

近づくと、既に外枠の奥へ入ってしまっている。

でも、黒い足だけはいつも
チラッと見えている(笑)

なんだかね〜、不思議ちゃん。

またまた巣が広がっていた。
私の目を盗んで、コツコツ頑張っているのね、
でも、広がった糸の分は
割り箸で少し取り除かなくちゃ。

わが家が、ボロ網屋敷になっちゃうからね(笑)

クロガケジグモ / 黒崖地蜘蛛