花を飾るという事。

花を飾るという事。

Latte が旅立つ日までは、
お花を常に飾る事はなかったのね。

新しい年を迎える時だったり、
記念日だったり、頂いたり、
そんな感じ。

ただ今は、常にお花を絶やさず、
飾ってる。

淋しさを紛らわせているのかもしれない。

“自責の念“ からのものかもしれない。

命ある花に亡きLatte の面影を
見るからかもしれない。 

たぶん。。。
すべて当てはまっている、からのものね。

花を飾る。というより、
自身の複雑な思いは入り混じっているものの、
Latte へ贈る気持ち、のものね。

菊は供花。
特に白色の菊はね、そんなイメージ。
インテリアとしては飾らない花ね。

ただ、今の私の心中を穏やかにしてくれる
白菊は特別な花。

ね、らっちゃん。
薔薇は、らっちゃんね😊